FC2ブログ

SOLITARY SINGER WANDERING THE WORLD

Now I'm in ...

JAPAN

free_032_03.gif

カテゴリー(category)

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

人間です 

10年くらい前の話になるが...

大学を卒業してから最初の就職で、俺はセールスの会社を受けた。
面接の時、面接官の『将来の夢は何ですか? 』という質問に対する俺の答えは『芸術家になりたいです』だった。
自信満々に...
そして、俺はその会社に合格し就職した。

なんで芸術家になりたい人がセールスの会社を受けたのか?
そして、なんで会社もそんな人を採用したのか?

しかも、芸術家って何だろう?
自分でも未だによくわかっていないが、どうしても世間とか常識に縛られて抜け出せなかった俺はにとって、『芸術家』という響きが、なんか形にとらわれない自由な感じがして、そういうものに憧れていたんだと思う。

俺はセールスの仕事では結構成績が良かった。
決してセールスが得意ではなかったけど、上司が言うことをちゃんと守って、少しも不満を言わず、自分の休みも削ってマシーンのように働いて、結果も出した。
それはそれでハードだったけど、どうやったら売れるかということ以外考えなくて良かったから、何も悩む必要は無かった。

本当は俺にはそういう仕事が向いているのかもしれない。
自分で言うのもなんだけど、そういう会社にとって、俺ほど使える便利な人間はいないんじゃないかと思う。

今は誰も命令してくれないし、ノルマも与えてくれないし、それじゃあダメだともOKだとも言ってくれない。
常にさまよっている感じだ。

誰かが仕事を与えてくれて、一心不乱にそれに取り組めたら楽になるだろうなと思う。

でも、10年前に面接で『芸術家になりたい』と言った時の気持ちは、今でも変わっていない。
今は芸術家であるかどうかは問題では無いが、マシーンではなく人間として生きたい。

もし今、面接官に将来の夢を聞かれたとしたら、俺の答えは『人間です』だ。




2010/05/11 00:48|かばちCM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索(search)

MOVIES(動画)

リンク

このブログをリンクに追加する

お問い合わせ(mail)

名前(name):
メール(your address):
件名(title):
本文(message):

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 下田武志のブログ(Takeshi's Blog) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。